イメージ1

【簡単便利】即日融資でお金を借りる

消費者金融に限らず、クレジットカードのキャッシング枠や銀行系カードローンなど、すぐに使えるカードローンを作っておくと非常に便利です。 いざという時にコンビニATMにいって暗証番号と金額を入力するだけで資金調達が出来てしまいます。 利用目的が限定されていないフリーローンで、どのような目的であっても良いのです。 例えば、海外旅行する場合でも、格安の航空チケットが入手できた場合すぐに借入れをしてボーナスが支給されたら完済すると言った利用方法もあるし、欲しかった家電などタイムリーに格安で購入できる、と言うことも出来ます。 しかし、もしそのような便利なカードを作っていなければ、本来ならば機会を逃すことにもなるのですが、このような心配は無用になります。 消費者金融や一部の銀行カードローンは即日融資でお金を借りることが出来るのです。 即日融資は無人契約機でも、ネットを利用した申込であっても可能で、勤務先や勤続年数、生年月日など属性を入力したら5分ほどで簡易審査の結果が出て、30分位で本審査によって金利や貸出枠が決定されます。 すぐにお金が必要な場合、結果が出たら無人契約機のところに行ってカードを受け取ることも出来ますが、ネットですぐに借入れを申し込めば指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえるのです。 ただし気をつけなければならないのは、即日融資は24時間365日できますが、休日などはさむと当日お金を借りることが出来ない場合もあるので気をつける必要があり、その為、いざという時のキャッシングのために、カードローンを作っておくことをおすすめします。

気になる!お金を借りるときの審査方法

キャッシングでお金を借りるときの審査方法は、コンピューターによるスコアリングが一般的です。 各金融会社が定める審査基準は異なりますが、その各社の基準に沿った情報を予めコンピューターに登録しています。 例えば、大企業社長5点、正社員3点、自営業者1点などというようにです。 そこへ申込者の申し込み内容に応じて、条件をポイント化していきます。 そして、そのポイントが各社が定める基準を上回れば審査OKという結果が出るようになっています。 これがスコアリングによる審査です。 最近は、最短30分で審査結果が分かるというキャッシングも少なくないですが、それを可能にしているのが、この審査方法なんですね。 ただ、キャッシング審査はこれだけではありません。 上記のような個人の情報をポイント化するよりも重要な審査があり、それが個人信用情報の内容です。 個人信用情報とは、現在の借り入れ状況のことです。 借り入れは返済ありきですので、他社から何件も借り入れをしていたり、返済の延滞や滞納をしている記録があると返済能力が疑われて審査は厳しくなります。 逆に、ここの情報に大きな問題がなければ、審査は比較的簡単と言ってしまってもいいかもしれません。 ただし、収入が少ない、安定しない職業に就いているなど個人の条件が悪い場合は例外です。 いずれにしても審査基準は各社で異なるので、自分の条件で審査に通過できそうなキャッシング会社を選んで申し込みをするのがいいでしょう。